「一番の苦手教科」は「一番点数アップできる教科」!

才能開花コラム

←前のブログ   次のブログ→

「一番の苦手教科」が「一番の得意教科」に変わる生徒

少し想像してみてください。

今まで「1番苦手だった教科」(1番点数が低かった教科)が、

大逆転で「1番得意な教科」(1番点数の高い教科)に変わったとしたら…

確かにあまり耳にしない事だと思いますが、

才能開花メソッド」により多くの生徒がこれを成し遂げています。

そしてそれは、指導者としてもっとも嬉しいと思える瞬間でもあります。

苦手が得意に変わる「大きなメリット」ベスト3

では「1番の苦手を1番の得意に変える」ことによって得られる

大きなメリット ベスト3」をまとめてみましょう。

●1つ目は、大きな点数アップにともなう「合計点」「順位」「偏差値」「内申点」などが大幅にアップすること。

 1番得点の低い教科は、視点を変えると1番得点の伸びしろがある教科でもあり、その生徒の「MAXの上げ幅」を実現できます。

  

●2つ目は、「1番苦手な教科でこれくらい取れるなら、他の教科もできる!」と精神的に一皮向けて自信がつき、さらに前向きに勉強に取り組むようになること。

本当に親御さんがビックリするくらい表情が明るくなります

自信がつくことが勉強のやる気につながり、
あきらめず集中して深く考えるようになり、
それがさらなる成績アップへ。

まさに「勉強の好循環」に変わります。

  

●3つ目は、指導者への信頼が増すことで、

「この先生の言う事を聞いてついていけば大丈夫!」

とより強い信頼関係が築かれ、

それまで以上に同じ目標に向かって頑張れるようになること。

生徒も指導者も人間ですから、

「信頼感」は授業の効果を何倍にも高めてくれます。

プラス思考で考えると「苦手教科」は「点数を上げられる教科」

通常はマイナス面でとらえられてしまう「1番の苦手教科」も、

プラス思考で考えれば『1番点数を上げられる教科』です。

それによって

●合計点数

●偏差値

●志望校

などを飛躍的に上げられるのも事実です。

  

決して「どうせできないから」とあきらめるのではなく、

「苦手を得意に変える」ことで

1.勉強に対する意識改革

2.眠っていた才能が一気に開花

3.さらに上の志望校や夢

に向かうことへ導くことも可能。

「才能」は思わぬところに眠っています

  

  

←前のブログ   次のブログ→

コメント

タイトルとURLをコピーしました