テストで平均90点の壁をこえる「ラージ指導」とは?

才能開花コラム

←前のブログ   次のブログ→

テストで応用問題を解くにはどうしたら…?

Q)テストでどうしても450点の壁が超えられません…
  どうしたらいいのでしょうか?
  中学2年生の息子がいるママより

  中1から塾に通っており、
  中間テストや期末テストでそれなりに350点~400点前後はとれるのですが、
  どうしても450点以上とれずにいます。

  ずっと450点の壁を超えられずにいるのです。

  運動部に入っているので本人はそれを言い訳にしていますが…

  親としてはもうひと頑張りしてほしい気持ちがあります。

  基本的な問題は解けているようですが、
  応用問題を解けずにいるようです。

  どうしたらいいのでしょうか?

応用問題で差が出る「思考型」と「丸暗記型」

A) はなまる先生より

ご連絡ありがとうございます。

同様のご相談を毎年たくさん頂いております。

まずは原因を解明し、
次に効果的な解決方法の実例をご紹介したいと思います。

  

まず原因について一緒に考えていきましょう。

普段おそらく「テキストやワーク」を使って授業を受けていると思います。

そうした中で多くの授業は

一部のテストに出そうな問題だけを抜粋して解説しています。

 (中にはほとんど解説が無い場合も)

・さらにその「解説」ですが、

 長期的な視野で「応用力」や「読解力」、「分析力」や「思考力」などの各スキルを伸ばしながら、
 なおかつその問題の効率的な解き方を指導してくれればいいのですが…

 「この問題の解き方はこう」
 「この公式を覚えて解く」
 「このやり方が楽に解ける」
 「これはこう覚える」


 と、「思考力」を高めるのではなく

 実は「丸暗記」やそれに近い授業も多くあります。


もちろん暗記が全て悪いと言っているわけではなく
有効に使える場面があることも否定しません。
 

しかしその上で、

安易な「丸暗記型学習」深い「思考型学習」の差

問題が難しくなればなるほど

学年が上がれば上がるほど

両者の差は大きく広がっていくのも事実です。

  

そして、結局はこの「積み重ねの差」が

教えられた問題はなんとか解けるが、
応用問題や難問などは解けない

につながっていくのです。

「ラージ指導」で応用問題が得意に

ではどうやったら450点以上とれるように変われるのか?

ここでは「ラージ指導」の一例をご紹介しましょう。

  

「ラージ指導」とは具体的に、

1.各単元の「核」をつくり

2.関連事項など知識を広げ

3.短時間で考える力を伸ばし

 問題の解ける範囲を広げる方法です。

  

単に解き方を暗記するのとは似て非なるもので、

少ない演習で「広い範囲をカバー」でき

各単元の核が出来て「考える力」が伸び

問題の変化にも対応できる「幅広い応用力」

をつけることが可能になります。

  

この方法で

90点平均・450点以上」や

95点平均・475点以上

をとれるようになった生徒達が多数います。

  

大事なことは、

1問1問の価値を高め

各スキルもアップさせ

関連問題もマスターしながら

 考える力を高める勉強ができているか。

  

視点を変えてお話しすると、

現在の単元も十二分にマスターしながら、

長い目で見た将来的なスキルアップも同時にできているか。

これが最終的に「応用力の差」になるのです。

  

←前のブログ   次のブログ→

コメント

タイトルとURLをコピーしました